医学部

研究室案内

臨床系

形成外科学Plastic Surgery

[研究テーマ]
糖尿病性足壊疽の病態解明、皮弁血行動態の解明、開瞼機構の老化研究、陳旧性顔面神経麻痺後遺症の病態解明、漏斗胸手術の最適化
[研究概要]

 形成外科学教室では、高齢化時代に対応して、主として生活習慣病や老化に付随して起こる疾患の病態解明や治療法の開発・最適化を行っています。糖尿病患者およびその予備群は国民の約12%(約1千万人)と推計され、その合併症の一つである下肢血行障害や足壊疽も、治療上の重要な課題となっています。糖尿病性足壊疽において下肢救済の有力な手段である遊離皮弁術も、その開発から40年以上が経過しているにもかかわらず、その血行動態には不明な点が残されており、これらの病態・治療手段について当教室では臨床的な観点から研究を行っています。老化にしたがって体表面にもさまざまな退行性変化が見られますが、視機能のみならず整容・顔貌にも大きく影響する眼瞼の問題も、形成外科学分野では重要な臨床的課題です。さらには、顔面神経麻痺の後遺症や漏斗胸は、顔面や体幹に大きな整容的・機能的な問題点を引き起こす疾患でありながら、その病態はきわめて複雑で、その結果治療戦略もいまだ確立されたとは言えず、現在われわれはその最適化に取り組んでいます。

[主な担当科目]

整形外科学 (3年次前期 必修 2単位)

学習のねらい
 整形外科学では、運動器系(骨・関節、靭帯、腱、骨格筋、動静脈、脊髄・末梢神経など)の正常構造および機能への理解を基盤として、主な運動器疾患の病因、病態生理、症候、診断と治療を学びますが、形成外科学教室は、手・指を含む上肢の運動器系の内因性疾患・外傷の分野を担当します。
 四肢、特に手の疾患・外傷の場合、その治療や組織の再建は、単なる病巣の除去や正常構造への原条復帰という方針だけでは不十分なほどの重度な病状にしばしば遭遇します。そのようなときに駆使されるのが、植皮、皮弁移植、マイクロサージャリーなどの形成外科的治療手法ですが、上肢や手・指の組織の損傷や欠損の病態は、これらの形成外科的治療法の選択と密接に関連しており、これらの治療手法の意義を理解することが、逆説的なのですが翻って対象疾患そのものの病態理解につながります。そのため、この分野の講義に先立って形成外科的治療手法についての解説を行います。
在学生へのメッセージ
 一般に医師国家試験では、外科的治療法について問う問題はほとんど出題されません。形成外科的治療手法についてもそれは当てはまるため、植皮、皮弁移植、マイクロサージャリーについて直接問われることはないと考えてよいです。本分野の国試対策は、極論すれば手・上肢の解剖の理解と記憶に尽きると言えます。授業に先立って、アップロードされた授業資料や、手持ちの解剖学図譜をもう一度見直しておいて下さい。

眼科学 (3年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
 眼科学の講義において、形成外科学教室は眼瞼の諸疾患に対する形成手術や再建手術の解説を行い、それを通じて原疾患の病態理解につなげます。

耳鼻咽喉科学 (3年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
 耳鼻咽喉科学の講義において、形成外科学教室は頭頸部癌の再建手術と顔面神経麻痺の後遺症について解説します。これらを通じて、原疾患である頭頸部癌の特徴や顔面神経麻痺の病態生理を詳しく理解することをめざします。

基本的診療技能 (4年次前期 必修 2単位)

学習のねらい
 本技能実習では、脊柱と四肢の、主に安静時肢位と関節可動域の診察を通じて体幹・四肢の骨格の状態を把握する技能を身につけることを目的とします。

一覧へ戻る

ページトップへ