医学部

研究室案内

臨床系

内科学第一(呼吸器内科)Division of Respiratory Medicine

大類孝教授(科長)

大類 孝 教授(科長)

海老名雅仁教授

海老名 雅仁 教授

吉村成央教授

吉村 成央 教授

2020_%e9%ab%98%e6%a9%8b%e8%ad%98%e8%87%b3%e7%97%85%e9%99%a2%e6%95%99%e6%8e%88photo

髙橋 識至 病院教授

STAFF
  • 大類 孝 教授(科長)
  • 海老名 雅仁 教授
  • 吉村 成央 教授
  • 高橋 識至 病院教授
  • 安達 哲也 講師
  • 田中 章子 講師
  • 阿部 武士 助教
[研究テーマ]
1. 高齢者肺炎の発症機序および予防法の解明
2. 難治性呼吸器疾患、とくに進行性肺線維症を中心とする間質性肺炎とその急性増悪発症にかかわる病態悪化、および治療に関連する分子機構の解明
3. 呼吸器悪性腫瘍の病態解明と個別化治療の開発:免疫学、病理学、医化学教室等との共同研究を基に、免疫チェックポイント阻害薬などの治療介入により腫瘍免疫がどのように変化するかをヒト検体を用いて経時的に観察し、これらの治療の効果・毒性を予測する新規バイオマーカーの探索的研究を行っている。また、大阪市立大学医学部附属病院などと連携して、進行期肺がん患者に対する新規治療に関する臨床研究を行っている。
4. 狭窄性細気管支炎(CBO)・難治性気管支喘息・びまん性汎細気管支炎(DPB)等の気道の線維化病態に対する治療法の開発
5. サルコイドーシス・肺胞蛋白症・Hermansky-Pudlak症候群(HPS)関連間質性肺炎などの発症と難治化の病態解明に基づく治療法の開発とガイドライン策定
[研究概要]

当大学病院は、もともと地域の基幹病院であったため臨床重視をモットーにしています。おのずと、研究も臨床研究に重点がおかれ、上記のようなテーマが中心になっております。当教室は、明るく楽しい医局を目指していきます。一緒に仕事をして下さる先生方を募集しております。何卒よろしくお願い申し上げます。(連絡先:大類孝(おおるいたかし) 022-259-1221(医学部代表);呼吸器内科学教室まで)。
[2016年度 研究業績]

[主な担当科目]

呼吸器化学(内科・外科) (2年次後期 必修 3単位)

学習のねらい
呼吸器系の構造と機能を理解し、主な呼吸器疾患の病因、病態生理、症候、診断と治療を学ぶ。
在学生へのメッセージ
本講義では、今後益々重要となる呼吸器疾患について学習します。呼吸器領域では、その疾患病態の理解に組織解剖学・生理学・薬理学などの幅広い知識が求められます。さらに肺癌などでは近年、癌細胞の遺伝子診断に基づく個別化医療の進歩が目覚ましい状況にあります。多岐にわたる学習内容であるため、教科書・参考書に基づいて十分な時間をかけて復習を敢行することが望まれます。

早期医療体験学習(1年次前期 必修 1単位)

課題研究 (3年次後期 必修)

基礎―臨床統合演習 (4年次前期 必修)

腫瘍学 (4年次前期 必修 1単位)

症候学 (4年次前期 必修 3単位)

基本的診療技能 (4年次前期 必修 2単位)

一覧へ戻る

ページトップへ