アーカイブ

【ニュース】

【プレスリリース】月経困難症の既往が周産期のメンタルヘルス管理に重要 -妊娠前に月経困難症であった女性は妊娠中も心理的ストレスが大きい-

発表のポイント

●妊娠前に月経困難症があった妊婦では、妊娠中に精神的ジストレスを有している割合が高かった。
●月経困難症は妊娠中期~末期の新規の精神的ジストレス発症と関連した。
●心理的ストレスの頻度は月経困難症の重症度が増すと増加した。
●月経困難症の既往は周産期のメンタルヘルス管理に重要である。

 

研究概要

東北医科薬科大学医学部衛生学・公衆衛生学教室 目時 弘仁(めとき ひろひと)教授、東北大学病院婦人科学分野 渡邉 善(わたなべ ぜん)助手らのグループは、妊娠前に月経困難症があった女性は、妊娠中に心理的ストレスを抱えていたり、新規に心理的ストレスを発症しやすかったりすることを明らかにしました。本研究は、妊娠により月経が来なくなったとしても、妊娠前の月経困難症の有無を聞き取ることの重要性を明らかにした初めての報告です。

本研究成果は、2018年11月5日にJournal of Affective disorder誌(電子版)に掲載されました。

本研究は、環境省が実施しているエコチル調査の結果を用いて行われましたが、本研究は研究者の責任によって行われているもので、政府の公的見解を示したものではありません。

 

【用語説明】
注:精神的ジストレス:耐え難い心理的な苦痛を感じている状態をさす用語。本調査では、K6の点数が13点以上を精神的ジストレスありと判定しました。

 

【エコチル調査について】

子どもの健康と環境に関する全国調査は、環境が子どもの健康にどのように影響するのかを明らかにし、「子どもたちが安心して健やかに育つ環境を作る」ことを目的に2010年度に開始された大規模かつ長期に渡る疫学調査です。妊娠期の母親の体内にいる胎児期から出生後の子どもが13歳になるまでの健康状態や生活習慣を2032年度まで追跡して調べる計画です。

エコチル調査は、国立環境研究所に研究の中心機関としてコアセンターを設置し、国立成育医療研究センターに医療面からサポートを受けるためにメディカルサポートセンターを設置し、また、日本の各地域で調査を行うために公募で選定された15の大学に調査の拠点となるユニットセンターを設置し、環境省と共に各関係機関が共同して調査を行っています。

プレスリリース本文

【プレスリリース】妊娠期間中の飲酒の継続は妊娠高血圧症候群リスクを高める -妊娠が分かった段階で飲酒しないことが重要-

発表のポイント

●妊娠初期、妊娠中後期の段階でお酒を「現在も飲んでいる」と回答している妊婦は全妊婦の9.5%、2.6%と決して少なくはなかった。
●毎日日本酒1合またはビール大瓶1本程度の飲酒を行った場合、飲酒をしていない妊婦に比較して妊娠高血圧症候群のリスクは3.45倍と高かった。
●「以前は飲んでいたが止めた」と回答した妊婦では妊娠高血圧症候群のリスクは0.90倍と低く、妊娠が分かった段階で飲酒しないことが重要と考えられた。
 

研究概要

 東北医科薬科大学医学部衛生学・公衆衛生学教室目時弘仁(めとき ひろひと)教授と、東北大学大学院医学系研究科産科学婦人科学分野(現:東北大学病院周産母子センター)の岩間憲之(いわま のりゆき)助教らのグループは、妊婦における飲酒や禁酒が妊娠高血圧症候群リスクに及ぼす影響を明らかにしました。本研究は、妊婦における禁酒の重要性を妊娠高血圧症候群の面から明らかにした初めての報告です。
 本研究成果は、2018年11月7日にHypertension Research誌(電子版)に掲載されました。
 本研究は、環境省が実施しているエコチル調査注1の結果を用いて行われましたが、本研究は研究者の責任のよって行われているもので、政府の公的見解を示したものではありません。
 
【用語説明】
注1. エコチル調査
 子どもの健康と環境に関する全国調査は、環境が子どもの健康にどのように影響するのかを明らかにし、「子どもたちが安心して健やかに育つ環境を作る」ことを目的に平成22年度(2010年度)に開始された大規模かつ長期に渡る疫学調査です。妊娠期の母親の体内にいる胎児期から出生後の子どもが13歳になるまでの健康状態や生活習慣を平成44年度(2032年度)まで追跡して調べることとしています。
 
 エコチル調査は、国立環境研究所に研究の中心機関としてコアセンターを設置し、国立成育医療研究センターに医療面からサポートを受けるためにメディカルサポートセンターを設置し、また、日本の各地域で調査を行うために公募で選定された15の大学に調査の拠点となるユニットセンターを設置し、環境省と共に各関係機関が共同して調査を行っています。
 
プレスリリース本文

【プレスリリース】目新しいものへ興味を抱く仕組みを発見 – 脂肪酸結合タンパク質が神経の興奮と抑制のバランスを制御する –

発表のポイント

● 脂肪酸結合タンパク質注13型(FABP3)は、好奇心などの行動を調節する脳領域である前帯状皮質の抑制性神経細胞で、抑制性神経伝達物質のGABA注2を産生する能力に関与していることを発見した。
● FABP3遺伝子欠損マウスの前帯状皮質では、神経細胞の興奮と抑制のバランスが崩れ、抑制に強く傾いていた。
● FABP3遺伝子欠損マウスは新奇探索行動(目新しい物や空間へ興味を示す行動)が低下していた。
 

研究概要

東北医科薬科大学医学部解剖学教室の山本 由似(やまもと ゆい)助教と東北大学大学院医学系研究科器官解剖
学分野の大和田 祐二(おおわだ ゆうじ)教授らの研究グループは、東北大学大学院薬学研究科、山口大学大学院医学系研究科、群馬大学大学院医学系研究科との共同研究により、脂肪酸結合タンパク質3(FABP3)が、新奇探索行動(目新しい物や空間へ興味を示す行動)の調節に、重要な役割を果たしていることを明らかにしました。本研究の成果は、自閉症や統合失調症などの精神疾患における、興味の喪失に対する治療法の開発に役立つことが期待されます。
本研究成果は2018年10月19日付で国際専門誌 Journal of Neuroscience誌のオンライン版にEarly releaseとして掲載されました。
 
【用語説明】
注1. 脂肪酸結合タンパク質(Fatty Acid Binding Protein; FABP):水に不溶な脂肪酸や脂肪酸代謝物に結合する細胞内タンパク質。脂肪酸の細胞内取り込み・輸送・代謝を調節し、様々な細胞機能に関ると考えられている。脳には3種類のFABP(FABP3、FABP5およびFABP7)が存在する。FABP3遺伝子欠損によって、脳へのPUFA取り込みが減少する。
注2. GABA(γ-アミノ酪酸):脳における主要な抑制性神経伝達物質。
 

yamamoto

FABP3KOマウスは新規探索行動の異常を示す

プレスリリース本文

 

【8/9 放送予定】NHKラジオ第一「マイあさラジオ東北」に医学部整形外科学の小澤浩司教授が出演します

8月9日(木)あさ7:40からNHKラジオ第1「マイあさラジオ東北」にて、医学部整形外科学の小澤浩司教授が出演します。テーマは「腰椎変性すべり症」です。ぜひお聞き下さい。
 
番組名:「マイあさラジオ東北」
放送日:8月9日(木)7:40〜
放送局:NHKラジオ第1(仙台)
 
番組の予定は変更になる場合がございます。
変更の場合、原則翌週の木曜日に放送予定日になります。
 
NHKラジオのWEBサイトらじる★らじるもご利用ください。

クウェート大使と本学医学部生の対談が行われました

平成30年2月26日(月)午後3時から、アブドル・ラーマン・アル・オテイビ駐日クウェート大使と本学医学部1年生吉村拓人さんの対談が行われました。

 

この対談は、日本赤十字社主催の「支援国赤十字・赤新月社が日本の経験を学ぶ東日本大震災復興支援国赤十字・赤新月社会議」のプログラムの一つとして企画されたものです。

対談は、まず、医師を目指すことになった経緯、地域医療に貢献する医師になる意気込み、理想の医師像などを交えつつ、クウェートからの善意によって、医学を勉強できることへの感謝について、吉村さんからオテイビ大使に向けて英語でスピーチが行われました。

これに応える形で、オテイビ大使は「日本はクウェートが独立したときからいつも支援してくれた。困っている時に困っている人を助けるのが本当の友人だ。我々の支援が、医師を志し、地域に貢献しようとする、吉村さんのような若者のために役に立っていることはとても嬉しい。」と述べ、二人は固い握手を交わしました。

 

対談後、吉村さんは「最初は、とても緊張したが、大使がとても気さくで優しく、すぐに緊張が解けた。クウェート国を代表する大使に直接会い、感謝を伝えるという大役に選ばれて本当に光栄です。」と感想を述べていました。

 
このような機会を設けていただいた日本赤十字社、クウェート大使館の皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

 

image001 image003


image005

 

参考:「クウェート国友好医学生修学基金」について

2011年3月11日の震災後、クウェート国から、震災復興支援として500万バレルの原油が、日本に寄附されました。宮城県は日本赤十字社を通じ、その原資を元に受領した162億円の復興基金のうち、90億円を地域医療の復興のために活用することを表明し、新たに医学部を設立する本学に修学資金の基金として支援することを決定しました。本学ではこの基金を東北の医療を支え、地域医療に貢献できる医師の養成を目的として「クウェート国友好医学生修学基金」の名称を付し、管理運営することにしました。この修学資金により、毎年30名(宮城県枠)の医学生が卒学までこの制度を受けることができます。宮城県枠の学生は、大学卒業後10年間、県内の指定医療機関に勤務することで、修学資金の返済が免除されます。

【プレスリリース】アレルギー反応を恒常的に制御するタンパク質の発見(医学部免疫学 中村 晃 教授)


アレルギー反応を恒常的に制御するタンパク質の発見
-慢性アレルギー性疾患の新たな治療薬の開発に期待-

 

 東北医科薬科大学・医学部の中村 晃 教授(免疫学教室)と金沢医科大学の松葉慎太郎 助教(免疫学講座)からなる研究グループは,九州大学生体防御医学研究所,東北大学加齢医学研究所,新潟大学との共同研究により,低分子タンパク質・SLPI (serine leukoprotease inhibitor)が,アレルギー反応を引き起こす免疫細胞を恒常的に制御していることを発見しました。気管支喘息や皮膚アレルギー,指定難病で近年増加している好酸球性副鼻腔炎などの慢性アレルギー疾患の新たな治療標的となることが期待されます。
 本研究成果は免疫学の2017年11月13日付けで専門誌(Frontiers in Immunology doi: 10.3389/fimmu.2017.01538)のオンライン版で公表されます。

 

詳細はこちらから 

腎組織の炎症を抑制することによる新規腎臓病治療薬の開発

 本学医学部医化学教室の森口尚教授と東北大学医学系研究科との共同研究グループは、抗がん剤の一つであるミトキサントロンが転写因子GATA2の活性を阻害することで腎臓病の症状を改善することを、世界で初めて明らかにしました。腎臓病に対する新規治療法として本研究成果が応用されることが期待されます。

 今回の研究成果は、2017年8月14日に米国科学雑誌「Molecular and Cellular Biology」(オンライン版)に掲載されました。本研究は、文部科学省科学研究費補助金、日本医療研究開発機構 (AMED) 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業、小林がん学術振興会などの支援を受けて行われました。

 

関連するウェブサイト
 http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2017/09/press20170914-01.html
 http://www.med.tohoku.ac.jp/news/3553.html
 http://www.amed.go.jp/news/release_20170914.html
 http://www.megabank.tohoku.ac.jp/news/22809

医学部 濃沼信夫教授(医療管理学教室)らの癌に関する研究成果が、週刊東洋経済に掲載されました

本学医学部 濃沼信夫教授(医療管理学教室)らの癌に関する研究成果が、週刊東洋経済(2016年6月4日号)に掲載されました。

ページトップへ