大学案内

学修成果の評価及び修業、卒業の基準

[医 学 部]

1.履修について

卒業に必要な所要単位数は学則第5条および第6条に定める教育課程の中から第9条に示す通り履修しなければなりません。

卒業所要単位数
学則第9条に示すように、卒業に必要な総単位数は次の通りです。

医 学 科
基礎教養科目 必修科目 13単位
選択必修科目 6単位以上
準備教育科目 必修科目 7単位
基本事項 必修科目 10単位
社会医学 必修科目 10単位
基礎医学 必修科目 35単位
臨床医学 必修科目 44.5単位
選択必修科目 1単位以上
前臨床実習 必修科目 24単位
臨床実習 必修科目 76単位
統括講義 必修科目 36単位
合  計 必修科目 255.5単位
選択必修科目 7単位以上
総  計 262.5単位以上

※ 臨床実習を受講するためには、共用試験に合格する必要があります。

2.選択科目について

医学部履修規程第3条に定める選択科目については、パソコンを使用しweb 上から登録します。

(1)申し込みの際には卒業に必要な単位が不足しないよう計画を立ててください。

(2)科目登録は配付するノートパソコンまたは図書館・情報センター2F情報教室のパソコンよりweb での入力となります。各自空き時間を利用し登録してください。受付最終日は非常に混み合うことが予想されますので出来るだけ早めに登録してください。

(3)卒業に必要な選択科目の必要単位数は次の通りです。

 

医  学  科
基礎教養(外国語) 選択必修科目単位 2単位以上
基礎教養(外国語以外) 選択必修科目単位 4単位以上

臨床医学 選択必修科目単位 1単位以上

 

3.試験について

定期試験、再試験および追試験について

① 定期試験
定期試験は前期末(7月下旬)に行われる前期試験と後期末(1月下旬)に行われる後期試験とがあります。定期試験を受験するには学則第10条の定めるように各授業科目毎に授業実施時間数の3分の2以上の出席が必要です。この条件を満たさない場合には試験が受けられなくなり欠単位となります。

② 追 試 験
定期試験を疾病その他やむを得ない事由により、欠席した者で所定の期間に定められた届けを行った者には履修規程第8条に定める追試験を行います。追試験の成績は100点満点として取り扱います。
(追試験手続き)
定期試験を欠席した者は、1週間以内に教務課に欠席の事由を記した「追試験受験願」を提出しなければなりません。
疾病その他やむを得ない事由とは次に掲げるものです。

① 学校保健法に規定する「出席停止」に相当する感染症  ② 1種および2種感染症
③ 病気(医師の診断書のあるもの)  ④ 三親等以内の近親者の死亡による忌引き
⑤ 交通機関の遅延(遅延証明書のあるもの)  ⑥ その他正当な理由のあるものとする

追試験期日:原則として前期分は9月中旬
原則として後期分は2月中旬

③ 再 試 験
履修規程第9条による定期試験不合格者には再試験を実施いたします。再試験の期日は追試験の期日と同じです。
なお、定期試験において受験資格のなかった者は当年度は受験できません。進級した後に科目担当教員の十分なる再教育(前年次分欠単位補講への出席、レポート提出等)を受け、受験資格を得て再試験を受験することになります。

ページトップへ