奨学金・修学資金制度

奨学金は、経済的事情により、学資の負担が困難な学生に対して学資の一部を貸与(給付)し、就学上の経済的障害を軽減し、学業に専念できるよう援助することを目的としています。

本学においては、東北医科薬科大学創設者高柳義一奨学金をはじめ、日本学生支援機構奨学金、各地方公共団体奨学金、民間育英団体奨学金の奨学金を取り扱っており、全学生の約50%の学生が何らかの奨学金の貸与を受けその恩恵にあずかっています。

奨学金に関する相談・照会並びに出願(申込)手続は学生課で行っています。

奨学金の募集や各種の連絡はすべて掲示板で行います。

奨学金を希望する人は、「募集説明会」に必ず出席し、奨学金の説明を受け、「願書(申込書)」等の必要書類の交付を受け、出願(申込)手続を行ってください。

なお、主たる家計支持者の失職・死亡又は災害等により家計が急変した人については、募集時期にかかわらず、学生課窓口へ相談してください。

出願(申込)は、奨学金の種類、条件、返還方法等を十分考え、家族の方とよく相談のうえ行ってください。

修学資金制度について(医学部のみ)

医学部については、1学年につき100名の定員のうち55名の学生が修学資金制度を利用することができます。 詳細は医学部の修学資金制度のページをご覧ください。

東北医科薬科大学創設者高柳義一奨学金(薬学部・大学院のみ)

人物・学業とも健全で、修学上経済的に困難な者に対し、奨学援助を行い将来国家社会に有用な人材を育成することを目的として、昭和62年に設立された奨学金制度です。
選考は、人物・学力・健康・家計等を考慮して行われます。

貸与月額(無利子貸与)
(1)大学薬学部 64,000円
(2)大学院  博士前期課程(生命薬科学科) 90,000円
        博士後期課程(生命薬科学科)/博士課程(薬学科) 124,000円

貸与期間

 学則に定める最短の修業年限

採用者数
【大学薬学部】 【大学院】 ※併せて20名以内

特別奨学制度(薬学部のみ)

勉学の意欲向上を図り、教育の質の向上を目指す方策として学業優秀な新入生を対象に給付型の特別奨学制度を平成24年度より導入します。
なお、2年次以降については、各学年の人物・学力等を考慮し毎年度選考を行います。
 【2年次以降:各学年の薬学科18名、生命薬科学科2名。月額2万円を給付。】

対象者
 推薦入試(公募制)及び一般入試(前期)の成績上位者に入学後入学金相当額を支給

  推薦入試(公募制) 一般入試(前期) 給付金額
薬 学 科 6名 12名 400,000円
生 命 薬 科 学 科 2名 350,000円

学外奨学金制度一覧

奨学金名 給付・貸与 利子 月額 貸与・受給者数
日本学生支援機構
第一種奨学金
貸与 444
日本学生支援機構
第二種奨学金
貸与 30,000~140,000 660
高柳義一奨学金 貸与 64,000 66
亀井記念財団奨学金 貸与 40,000 17
交通遺児育英会奨学金 貸与 40,000~60,000 2
若林彊記念財団奨学金 給付 30,000 1
佐藤奨学会奨学金 給付 25,000 1
河内奨学金 給付 40,000 7
その他 37
合計 1,235
併用者 218
実質奨学生数 1,029
在籍学生数 2,050
奨学生の割合 50%

▲ ページTOPへ