研究室案内

臨床系

地域医療学Division of Community Medicine

古川勝敏教授

古川 勝敏 教授

STAFF

  • 古川 勝敏 教授
  • 住友 和弘 准教授
  • 大原 貴裕 准教授
  • 佐藤 滋 准教授
  • 宮澤 イザベル 助教

[研究テーマ]

(1) 東日本大震災後の被災者の健康状態、医療環境の調査ならびに健康増進のための介入研究
(2) 地域医療再生への取り組み
(3) 森林揮発性物質に生理作用
(4) 心筋の虚血再灌流障害と酸化ストレス
(5) 裾野の広い専門医・総合医の養成

[研究概要]

(a) 東日本大震災で東北地方の住民は大きく傷つき、まだその復興過程にある。医療環境においても、元々医療資源が豊富でなかった上で、沢山の医療機関がその機能を失い、東北の地を離れた医療スタッフも少なくない。その様な状況下で、我々は、被災者の健康状態、医療環境の調査を行い、認知症、心不全、高齢者フレイル等の問題に介入研究を進め、地域医療再生を目指している。
(b) 地域医療再生の方法として身近な森林環境を活用した「地域の健康づくりと街づくり」をテーマに森林揮発性物質の生理学的研究から社会応用まで取組み、IT企業のメンタルヘルス対策、生活習慣病予防、認知症対策として応用を進めている。

一覧へ戻る

▲ ページTOPへ