医学部

研究室案内

基礎系

免疫学Division of Immunology

[研究テーマ]
免疫制御受容体によるアレルギー性疾患や自己免疫疾患の制御機構の解明
[研究概要]

 生体の防御機構である免疫システムは、リンパ球をはじめとする免疫細胞が担っています。免疫細胞の表面上には、細菌やウイルスなどの病原体を認識して免疫反応を活性化する受容体だけではなく、その機能を抑える抑制型受容体も発現しており、生体の恒常性維持に重要な役割を果たしています。これら免疫反応を調節する免疫制御受容体の異常は、病原体の排除ができなくなる免疫不全や、過剰な免疫応答であるアレルギー性疾患や関節リウマチなどの自己免疫疾患、さらには癌の発症にもつながります。近年、抗体治療の標的分子としても注目されていますが、免疫細胞には多数の免疫制御受容体が発現しており、認識する分子やその機能は不明なままです。私たちは、感染症やアレルギー性疾患、自己免疫疾患などの疾患モデルを作成し、免疫制御受容体の役割を明らかにするとともに、受容体を標的とした治療法の開発をめざしています。

一覧へ戻る

ページトップへ