医学部

研究室案内

基礎系

解剖学Division of Anatomy and Cell Biology

kamijyou

上条 桂樹 教授

STAFF
  • 上条 桂樹 教授
  • 石田 雄介 准教授
  • 山本 由似 助教
  • 直野 留美 助教
[研究テーマ]
・哺乳動物細胞の細胞質分裂制御の分子機構
・収縮環の分子構造と収縮機構の分子的解析
・神経系における遺伝子発現解析
・哺乳類の味覚受容体の分子的同定
・脂肪酸による神経活動調節機構
・神経系における痒み伝達機構の解明
[研究概要]
動物細胞の細胞分裂 染色体(赤),微小管(緑)

動物細胞の細胞分裂 染色体(赤),微小管(緑)

 私たちは,形態学にとどまらず,分子生物学,細胞生物学,生化学などのさまざまな手法を使って,次のような生体現象の解明をめざしています.
(上条)細胞は,染色体の分離に引き続いて起こる細胞質分裂によって2つの細胞に分裂します.細胞質分裂では分離した染色体の間の細胞表層に収縮環が形成され,その収縮によって細胞がくびれて細胞が分離します.収縮環は主にアクチンとミオシンから構成されているのは古くから知られていましたが,収縮環の構造,収縮機構は謎のままです.また,収縮環は細胞質分裂の時にだけ一時的に出現する構造ですが,収縮環の形成を制御するメカニズムの多くはわかっていません.こうした細胞質分裂の課題の分子レベルでの解明をめざしています.
(石田)Transposable Element (TE)はウイルス由来の「動く遺伝子」で真核生物のゲノムに進化をもたらしたと考えられています.脳におけるtransposable element (TE)の発現について研究し,その機能を解明しています.また,哺乳類の新規の味覚受容体の同定を行っています.
(山本)脂肪酸は,近年さまざまな生体反応に関わることが明らかになっており,その制御の鍵となる分子として脂肪酸結合蛋白質(FABP)が注目されています.脳におけるFABPの機能を生体・細胞レベルで解析することによって脂肪酸が関与する記憶や情動活動などを解明し,ヒトの精神神経疾患にアプローチしています.
(直野) 中枢神経系における「痒み」の研究は、近年始まった新たな神経科学の研究分野です。特に脊髄は、皮膚からの痒み感覚を最初に受け取る中枢神経系の領域であることから、脊髄における痒み伝達経路の解明を目指します。具体的には、「痒み」と「痛み」といったそれぞれ異なる体性感覚の伝達に寄与する受容体に着目し、これらの機能的な役割について検討しています.

一覧へ戻る

ページトップへ