研究室案内

臨床系

臨床検査医学Division of Clinical Laboratory

髙橋伸一郎教授

髙橋 伸一郎 教授

STAFF

  • 髙橋 伸一郎 教授

[研究テーマ]

急性骨髄性白血病(AML)を中心とした造血器腫瘍分子病態の解明、および、これらにより得られた分子生物学的知見に基づいた,白血病,腫瘍細胞特異的な検査診断,及び治療法の開発を視野に入れている。

[研究概要]

1) 造血系転写因子PU.1機能解析による造血器腫瘍病態の解明:骨髄球系細胞分化に重要な造血系転写因子であるPU.1の機能解析を行い、正常機能の破綻が造血器腫瘍病態にどのように関わるか、抗がん剤効果等にどのように関わっているか解析を進めている。
2) メタロチオネイン(MT)機能解析による造血器腫瘍病態の解明:MTは,主に微量金属の生体内代謝に関わる遺伝子で、細胞分化・増殖,抗がん剤耐性に関与している。これまでに、AMLにおけるMTとPU.1発現の負の相関を独自に見出している。そこで、MTがAML病態にどのような役割を果たしているか、さらに病勢、薬物に対する効果のバイオマーカーとなるか検討を進めている。
3) シグナル伝達経路解析による造血器腫瘍病態の解明:AMLに高頻度に変異が認められるFLT3受容体や、種々の造血器腫瘍で発現低下が見られるSIRPα受容体下流シグナルを解析することにより、病態解明を目指している。

一覧へ戻る

▲ ページTOPへ