医学部

研究室案内

臨床系

整形外科学Division of Orthopaedic Surgery

小澤浩司教授

小澤 浩司 教授

STAFF
  • 小澤 浩司 教授
  • 石塚 正人 准教授
  • 舘田 聡 助教
  • 千葉 晋平 助教
  • 峯岸 英絵 助教
[研究テーマ]
急性および慢性圧迫による脊髄障害
中高齢者の脊柱変形の病態の解明と治療法の開発
脊髄腫瘍の診断と治療
人工関節手術の臨床研究
[研究概要]

 東北大学工学部との共同研究で脊髄灰白質,白質,軟膜の弾性率などの力学特性を世界で初めて計測しました。そして脊髄圧迫の有限要素法モデルを作成し脊髄内部の応力の変化を調べ、応力が組織障害と相関することを証明しました。頚髄症患者のMRI像より髄内の応力を計算し、この値が症状発現に大きく影響していることを証明しました。
 MRIを用いた脊髄腫瘍の組織診断法,脊髄砂時計腫の手術法について臨床研究を行っています。
中高齢脊柱変形患者における脊柱アライメント,歩行障害の原因について調べ,新しい理学療法、保存療法を開発しています。
 豊富な人工股関節、膝関節置換術の症例をもとに、impact bone graft法の開発、長期成績について検討しています。

一覧へ戻る

ページトップへ