医学部

研究室案内

臨床系

心臓血管外科学Division of Cardiovascular Surgery

2170_%e5%b7%9d%e6%9c%ac%e4%bf%8a%e8%bc%94%e6%95%99%e6%8e%88photo

川本 俊輔 教授

STAFF
  • 川本 俊輔 教授
  • 清水 拓也 講師
  • 皆川 忠徳 助教
  • 松岡 孝幸 助教
  • 平沼 和希子 助手
[研究テーマ]
成人心臓血管疾患の長期予後改善を目指した外科治療体系の構築
1)高齢者の外科治療
2)透析症例の外科治療
3)感染症例への外科治療
4)低侵襲手術
5)自律神経活動と心臓血管疾患の治療予後
[研究概要]

 国民の高齢化が進んでいる近年では,心臓大血管手術を受けられる患者さんも高齢化しており,手術リスクとなりうる様々な合併症をかかえていることが多い.そのような状況下で,臨床研究を中心として高齢,血液透析,感染などを伴う心臓大血管疾患においても長期予後(QOL)改善をもたらす外科治療体系の構築を目指す.また,血圧や心拍数の調節をしている自律神経のバランスと心臓大血管疾患の関連を検討し,治療指針(ガイドライン)における科学的エビデンスの基礎の構築を目指す.

[主な担当科目]

循環器学(内科・外科)(2年次後期 必修 3単位)

学習のねらい
循環器系の構造と機能を理解し、主な循環器疾患の病因、病態生理、症候、診断と治療を学ぶ。
在学生へのメッセージ
循環器疾患の病態・診断・治療には,生理学的な理屈(原理原則)があります.そこを常に意識して,丸暗記するのではなく病態を理解することに努めてください。

診療科臨床実習 (4年次前期-5年次後期 必修 64単位)

学習のねらい
患者・家族に、安全・安心かつ効果的な医療を提供するために、医師に求められる人間性および能力を身につける。
在学生へのメッセージ
臨床実習が始まると,みなさんは学生ではありますが,同時に「医療人としての社会性」も大きく求められることになります.学修目標達成のためには、担当する患者さんの「主治医」としての自覚を持ち、臨床技能の修得だけではなく患者さんとの水平な関係の構築を目指し努力すると共に、医療チームのスタッフと協調しながら、主体的に診療に参加することが極めて重要である。また、「医師」の資格のない立場で診療に参加することに同意して頂いた患者・家族や医療スタッフの期待に応えるためにも、真摯な態度で実習に望んでもらいたい。

早期医療体験学習 (1年次前期 必修 1単位)

課題研究 (3年次通年 必修 4単位)

基本的診療技能 (4年次前期 必修 2単位)

症候学 (4年次前期 必修 3単位)

基礎-臨床統合演習 (4年次前期 必修 19単位)

一覧へ戻る

ページトップへ