医学部

研究室案内

臨床系

光学診療部Division of Endoscopy

[研究テーマ]
・呼吸器内視鏡による診断・治療法に関する研究
・肺癌の一次予防・二次予防および治療に関する研究
・がん検診のアセスメントとマネジメントに関する研究
[研究概要]

 光学診療部は,内視鏡による診断・治療を主軸としつつ,疾患全般にわたって研究のターゲットとしています.現在は呼吸器疾患,特に肺癌を主な対象としており,大学病院の呼吸器内科・呼吸器外科・感染症科などと連携して,新しい診断法・治療法の開発,臨床試験,一次予防・二次予防,さらに,がん検診のアセスメントとマネジメントに関する研究を進めています.また,「技術」としての内視鏡手技の後継世代への継承も当部門の大きな役割と考え,今後力を入れていきたいと考えています.

[主な担当科目]

呼吸器学(内科・外科)(2年次後期 必修 3単位)

学習のねらい
呼吸器の重要な検査・治療手技である「気管支鏡検査」について理解する。
在学生へのメッセージ
呼吸器系疾患の検査の中で重要な位置を占める「気管支鏡検査」に関して、気管支鏡の仕組み、気管支鏡を用いた観察、診断、治療など全般について学びます。気管支鏡は消化管内視鏡よりも細く、繊細な手技と胸部画像の読影力との両者を必要とする検査です。直接内視鏡観察できない末梢からも器具を使って組織標本を得ることができる反面、出血の際には窒息のリスクもあり、慎重な適応や操作が望まれます。呼吸器学全般に関係しますので、十分な予習・復習を行って下さい。

腫瘍学 (4年次前期 必修 1単位)

学習のねらい
「がん検診」の有効性評価やバイアス、診療と検診の違い、精度管理の重要性を理解する。
在学生へのメッセージ
がん検診は臨床医学と社会医学の境界にあるジャンルです。手技的には臨床医学の範囲に入りますが、その効果評価などは社会医学的アプローチが必要になります。学生の多くの皆さんは臨床医学に進みますが、医師としてのキャリアのいずれかに時点で、何らかの形で直接的に「がん検診」に関わることは十分にあり得ます。その時に「臨床医としての判断」しかできないと、大変望ましくない事態を招きます。本講義で、がん検診の方法論や実地臨床と違う点を十分に理解してください。

一覧へ戻る

ページトップへ