医学部

研究室案内

基礎系

生理学Division of Physiology

[研究テーマ]
・リンパ循環を含む循環生理学
・脈管内の流体力学的作用(ずり応力)が脈管内皮細胞に及ぼす影響
・癌細胞のリンパ行性転移に関与する分子生物学的アプローチ
[研究概要]

 リンパ系は循環系の視点から見れば余分な水分の排出路という補助的な系と考えられがちであるが、私たちは癌の転移路やリンパ節からのリンパ球の動員など、腫瘍・免疫の分野にも関わる重要な脈管系と考えている。また、血液・リンパ液の「流れ」という物理的因子が脈管内皮細胞に及ぼす影響についても興味を持っており、肺細動脈内皮細胞への流れ刺激が肺での炭酸ガス産生に関与している事実を報告してきた。また、ヒト集合リンパ管からリンパ管内皮細胞の分離・培養に成功し、そのリンパ管内皮細胞に流れ刺激が加わると、血管と同様に一酸化窒素(NO)を産生するだけでなく、NO合成酵素であるecNOSの遺伝子発現までもが亢進することも発見した。さらに、癌細胞に流れ刺激が加わるとATPの分泌が亢進すること、加えてそのATPが細胞自身のプリナージック受容体を刺激して様々な遺伝子発現を変化させることも解明してきた。深部リンパ管の可視化という観点からは、ブタの胃粘膜に超音波造影剤ソナゾイドを注入し、所属リンパ節の輸入リンパ管やリンパ節内の洞様構造をエコー下に解析する方法も研究してきた。

 培養細胞レベルからウサギ・ブタ等の大型動物を用いた生体レベルまで、様々な実験手法を用いて、上記のような研究テーマを多角的に進められるよう努めている。

[主な担当科目]

基礎生物学 (1年次前期 必修 1単位)

学習のねらい
生命体の構造と発生、多様性について講義を行い、生物全般についての基本的事項を学習し、医学専門科目の履修に必要な基礎学力をつける。
在学生へのメッセージ
「基礎生物学」は医学の基礎分野、臨床医学を学ぶ際に必要な最低限の知識を習得し、それをもとに病気がどのように起こるかを考える方法を習得してもらうのが最大の目的である。
予習・復習共に大切であるが、特に復習を必ず行い、授業当日のうちに理解を確実にして欲しい。

基礎生物学実習 (1年次前期 必修 0.5単位)

学習のねらい
基礎生物学の講義で学んだ細胞・器官・臓器の構造と発生や多様性についてさらに理解を深めるため生物学関連の実習を行い、意見をまとめ、レポートを作成する方法を学ぶ。
在学生へのメッセージ
「基礎生物学実習」では、聴診器を用いた呼吸音や心音の聴取、血圧測定など、これから医師を目指す学生としての基本的手技を身につけ、正常の機能を理解することが目的である。また、顕微鏡の使い方を習得するために最近医学研究でよく用いられているゼブラフィッシュの発生を学び、今後の基礎医学や臨床医学を学ぶ際に必要な知識と技術を習得してもらうことが本実習の目的である。
そのためには、実習前に必ず実習書を熟読して予習し、何を行うかをあらかじめ頭に入れておくことが重要である。復習に関しては、実習当日のうちに何を行い何を観察したかという理解を確実にしておいて欲しい。

生理学 (2年次後期 必修 3単位)

学習のねらい
各器官系(血液・体液生理学、消化・吸収生理学、循環生理学、呼吸生理学、腎臓・排泄生理学・内分泌生理学および酸塩基平衡)における生体の恒常性を維持するための情報伝達や機能、生体防御の機序を理解する。また、臨床医学を学ぶために正常器官系の機能を理解し、鑑別診断を進められるような基礎知識を習得するのが本科目のねらいである。
在学生へのメッセージ
「生理学」は臨床医学を学ぶ際に必要な正常機能に関する最低限の知識を習得し、それをもとに病気の原因を系統的、網羅的に考える方法を習得してもらうのが最大の目的である。
予習・復習共に大切であるが、膨大な知識の習得を必要とするので特に復習を必ず行い、授業当日のうちに理解を確実にすること。

生理学実習 (2年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
生理学・神経生理学の講義で学んだ知識を用いて、生理学的検査の結果から生体の機能を調べられることを理解する。
在学生へのメッセージ
生理学実習書(配布予定)をよく読み、講義資料の関連箇所を復習しておくこと(該当箇所を実習書で指示する)。
実習の始めに生理学・神経生理学講義の関連知識の確認を行う。

一覧へ戻る

ページトップへ