• 学生インタビュー
  • 座談会 大学で学んだこと

  • MESSAGE 01

    薬剤師を目指して、今自分ができることをする

    薬学科 3年 和田 優介 Yusuke Wada 青森県立青森東高等学校 卒業
    和田 優介

     父が薬品の卸の仕事をしていたため、ある時、知り合いの薬局で職場見学をさせてもらいました。アットホームな職場で笑顔があふれていましたが、時に厳しく、そして向上心を持って仕事をされている姿を見て、自分もそんな薬剤師になりたいと思うようになりました。
     3年生になり、勉強はさらに専門的になるため、とても難しいのですが、薬の効能や人体にどう作用するのかを学ぶと薬が効く仕組みが理解できるのでとてもおもしろいです。2年生の時には医療ボランティアに参加しました。この体験でわかったことは患者さんの不安を和らげるのは密なコミュニケーションであり、病気の話ではなく、他愛もない会話をしている時の患者さんは自然と笑顔になることです。そして、チーム医療においては迅速な情報伝達が重要であり、ここでもコミュニケーションの大切さを知りました。
     他の人とは違うことができる薬剤師になりたいので、今、アロマテラピーを学んでいます。将来は地元に戻って、地域医療に関わりたいです。

  • MESSAGE 02

    実務実習を通じて、将来なりたい薬剤師像を見据える

    薬学科 6年 庄内 瑞希 Mizuki Shonai 宮城県仙台二華高等学校 卒業
    庄内 瑞希

     5年生の時、病院と薬局で実務実習をしました。病院実習は大学附属の若林病院が実習場所となり、病床の患者さんとのコミュニケーションのとり方や医師や看護師との連携のとり方を学びました。また、糖尿病の患者さんなどは薬だけではなく、日常生活についてもサポートが必要になりますので、専門薬剤師の業務について学ぶことができました。また、薬局実習でわかったことは、患者さんの中には病院での診察を終え、薬はなるべく早く受け取りたいと思う人がいるということです。迅速に、かつ、しっかりと服薬指導をすることの大変さを実感しました。
     大学は設備が充実していて、特に模擬薬局は保険薬局を忠実に再現しており、装置も同じようなものを薬局や病院でも使うので、実習の時に戸惑うことがありませんでした。またOSCEという臨床能力試験があり、これに合格しないと実習には行けませんので、万全の準備で実習に臨むことができます。将来はかかりつけ薬剤師として、患者さんから指名されるような薬剤師になりたいです。

  • MESSAGE 03

    確かな知識と人間力を身につけ、将来に備える

    生命薬科学科 2年 永井 紀香 Norika Nagai 聖ウルスラ学院英智高等学校 卒業
    永井 紀香

     科学が好きで、研究職に興味がありました。オープンキャンパスで出会った先輩が生命薬科学科所属で、とても素敵な方だったので、この学科に興味を持ちました。また、高校3年生の時に祖父をがんで亡くしたのですが、その後のオープンキャンパスでたまたまがんの研究をしている教室を見学し、がん研究に興味を持つようになり、この大学への進学を決めました。
     勉強が応用編になってくると、高校で学んだことをさらに深く掘り下げていきます。とても難しいのですが、知識がつけばつくほど「人の体」についての点と点の知識が線でつながっていくことがとてもおもしろいです。座学と実験を通じて、様々な現象を科学の知識で説明することが求められるので、日常の物事も観察し、その理由や原因を考えることができるようになってきました。
     将来の夢はMRになることです。いろいろな人と接することで自分が成長できると思ったからです。これから進む道は競争社会なので、卒業と就職に向けて、 知識と人間力をつけていきたいです。

  • MESSAGE 04

    薬や科学の知識や実験の手技が身につき、大きな自信に

    生命薬科学科 3年 八木橋 佳章 Yoshiaki Yagihashi 青森県立田名部高等学校 卒業
    八木橋 佳章

     中学生の頃から科学が好きで、研究職に就きたいと思っていましたし、母は前身の東北薬科大学を卒業したので、縁を感じていました。生命薬科学科に進もうと決めた決定的な理由は高校生の時に父が病気で亡くなった時に身近な人の死と向き合い、命を救う仕事がしたいと思うようになったからです。
     この学科で薬、生物、化学などの勉強や実習をすればするほど、知識がつき、技術が身についていきます。2年生の時に生薬の実験があり、ある植物から成分を抽出し、また自分の手で生薬をつくりました。身近な植物が薬になることと、自分の手で薬ができたことにとても感動しました。
     実験中は自分で考えながら作業をしますが、わからないことはなんでも先生に聞くことができるので、緊張感を持ちながら、着実に実験の手技を身につけることができて大きな自信につながります。勉強は大変ですが、バレーボール部に所属し、息抜きをしています。大学院に進んだ後は製薬メーカーなどに就職し、薬の研究や新薬の開発をしたいと思っています。

  • MESSAGE 05

    大学院進学により、広がった新たな世界

    大学院 薬学研究科 薬科学専攻博士課程前期課程 2年
    沼崎 賢史 Satoshi Numasaki 東北学院高等学校 卒業
    沼崎 賢史

     生命薬科学科から大学院に進学し、学部3年生から取り組み始めたがん細胞に関するタンパク質の研究を続けています。がん細胞に深い関わりがあるタンパク質が様々なストレスの影響を受けることで、結果的に働きが低下し、がん細胞が生存しやすい環境になるのではないかと考えられています。今後、このメカニズムを明らかにしていくことが、がん治療につながるのではと思っています。高校の頃から理科の実験が好きだったので、研究職に興味がありました。今の教室を選んだ理由は日本人の死因の1位であるがんの研究をすることで人の役に立つことができると思ったからです。
     大学院に進んだことにより、さらに研究に打ち込めるだけでなく、学会に参加してポスター発表をしたり、研究者との情報交換ができたりと新しい世界が広がりました。また、薬学科の学生ともいろいろな視点でディスカッションできるので学内でのネットワークも広がりました。

  • MESSAGE 06

    東北の復興を支えるため、医学の道を歩き始める

    医学科 1年 巽 夕夏 Yuka Tatsumi 江戸川学園取手高等学校 卒業
    巽 夕夏

     祖母が秋田県に住んでいたので、卒業後は秋田県で勤務する修学資金制度を利用しました。もともと化粧品開発など、ぼんやりとした夢はありましたが、明確な将来の夢を持てずにいました。しっかりと受験勉強に向き合っていなかった高3の時に祖母が怪我をしました。祖母はもともと秋田に住んでいましたが、一人暮らしをするには高齢なので、茨城に移り住んできましたが、いつも故郷への想いを募らせていました。秋田で医療体制が整っていれば、祖母は住み慣れた街で治療を受けることができたかもしれません。少しでも祖母のような人を救いたいと思い、秋田県を希望しました。
     都市部ではない所に移り住み、仕事をすることに少し不安がありましたが、1年生の頃から実習で勤務地に慣れ親しむことができるので不安がなくなりました。クラスメイトはいろいろなバックグラウンドを持った人がいて、とても楽しいです。尊敬できるような人がたくさんいる大学生活が送れるのはこの大学の医学部だからこそかもしれません。

  • MESSAGE 07

    土地を知り、そこで活躍できる総合診療医を目指す

    医学科 2年 橋本 翔真 Shoma Hashimoto 日本大学藤沢高等学校 卒業
    橋本 翔真

     本格的に医学部を目指そうと思ったのは高校2年の時です。母が重い病気にかかった時に自分の無力さを痛感し、医師になりたいと思いました。大学と宮城以外の東北5県の修学資金を併用するB方式の修学資金制度によって、将来は秋田県への赴任が決まっています。
     1年生の頃は一般教養がメインですが、体験実習で病院をはじめとする医療施設の見学に行きました。個人病院から大学病院まで実際に病院を見学したことにより、各病院でそれぞれの役割があること、そして、たくさんの職種との連携があることを知りました。他にも地域医療を知る授業では秋田県の風土病を知るためにグループで秋田県に行き、駅前で土地特有の病気の認知度調査を行いました。
     自分が近い将来勤務する場所を学生の頃から慣れ親しむことができれば、この土地で総合診療医としていろいろな患者さんを診る時に必ず役に立つはずですし、なによりも土地への愛着が持てるようになります。修学資金制度の義務年限はすべてが貴重な経験になると思っています。

▲ ページTOPへ