お知らせ

平成29年度東北大学・東北医科薬科大学合同遺骨返還式が執り行われました

 平成30年3月2日(金)、仙台国際センターにおいて、平成29年度東北大学・東北医科薬科大学合同遺骨医返還式が行われました。
 式に先立ち、学生実行委員会(本学からは鈴木法彦さん、石山良生さん、後藤匡範さん)を立ち上げ、学生主導で企画・実施を行いました。
 当日は、ご遺族、白菊会役員の皆様、両大学の教職員、解剖学実習を終えた学生あわせて約600名が出席し、厳かな雰囲気の中執り行われました。
 司会は本学の一戸護さんが務め、五十嵐東北大学医学部長並びに高崎東北大学白菊会理事長がご挨拶を述べられた後、各学部の学生代表が謝辞を述べました。本学からは志田直樹さんが、医学・医療の発展のためにお身体を捧げてくださった故人と、そのご遺志を尊重されたご遺族の方々に対し敬意を表し、感謝の言葉を述べました。続いて、各学部長からご遺族に文科省感謝状の伝達とご遺骨の返還が行われました。ご遺族代表挨拶の後、最後に参加者一人ひとりが献花を行い、御霊の安らかならんことをお祈りいたしました。

 

ページトップへ