理事長・学長メッセージ

MESSAGE FROM THE PRESIDENT

われら真理の扉をひらかむ

  • Prof Motoaki Takayanagi
  • 東北医科薬科大学は創立80周年を迎えました。理事長・学長 高柳 元明

東北医科薬科大学の建学の精神「われら真理の扉をひらかむ」は、いつの時代にあっても真理の探究を掲げ、高度で専門的な能力を培うことを教育・研究の柱とする姿勢を示した言葉です。
本学は1939年に東北・北海道地区唯一の薬学教育機関として創立されて以降、人類の健康と福祉に貢献する人材の育成を教育理念に掲げ、これまで2万3千人を超える同窓生を輩出してまいりました。これは薬系大学として国内トップクラスの人数を誇り、同窓生は東北地方を中心に、全国の様々な舞台で活躍しています。

2016年に国内で37年ぶりに設立された医学部では、2019年から新大学病院棟での臨床実習が始まるなど、より高いレベルで勉学・研究に打ち込める環境が整いました。2022年には、いよいよ1期生が医師として巣立ちの時を迎えます。これにより同学部の使命である東北地方の地域医療への貢献が実現し、地域内における本学のプレゼンスがさらに向上することと確信しています。
今後は医学部の大学院設置、附属病院の建て替えなどを計画しており、より一層、薬学部・医学部の連携を深め、相乗効果が発揮できる教育・研究のあり方を追求していく所存です。
この度の新型コロナウイルスの感染拡大により、医師や薬剤師、研究者をはじめ、医療人の地域社会における重要性が再認識され、まさに本学の真価が問われる時代となっています。皆さんもぜひ本学での学びを通じて、広い視野と豊かな人間性を養い、社会に必要とされる医療人として羽ばたいて欲しいと願っています。