受験上の配慮を希望される方へ

FOR THOSE WHO WISH TO BE CONSIDERED FOR THE EXAM

受験上の配慮を希望される方へ

本学の入学者選抜において、疾病または身体の障害等により、受験時に特別な配慮を希望する方は、以下の手順に従い、出願開始日までに申請してください。提出された申請書に基づいて検討し、程度に応じた配慮を講じます。なお、必ずしも希望に沿うことができるとは限りませんので、ご承知おきください。

※配慮内容の決定には時間がかかります。出願を検討している段階でも構いませんので、可能な限り早めに申請してください。 ※申請が試験直前であったり、申請の内容によっては、希望する配慮を講じることができない場合もありますので、ご了承ください。不慮の事故や急な発病等のために出願開始日前に申請できなかった場合は、可能な限り速やかにご相談ください。 ※配慮の程度によりますが、試験会場を本学(仙台・小松島キャンパス)に指定する場合があります。 ※日常生活において使用している補聴器、松葉杖等についても申請が必要となりますので、申請忘れのないように十分に注意してください。 ※事前相談および受験上の配慮申請は、配慮事項について確認するためのものであり、合否判定および出願可否とは一切関係ありません。 ※申請書類・内容については、大学内の関係部署へ共有する場合がありますので、予めご了承ください。なお、取扱には充分注意し、守秘義務を遵守いたします。

受験における特別な配慮

本学で過去に行った受験における特別な配慮は次のとおりです。

  • 別室受験
  • 座席指定
  • 拡大鏡等の持参使用
  • 補聴器等の使用
  • 文書による注意事項等の伝達
  • トイレに近い試験室での受験
  • 杖の持参使用
  • 試験場への乗用車での入構 等

1.申請書類

  1. 受験特別措置申請書(PDF)【必須】(本学所定用紙を印刷し、記入してください)
  2. 医師による診断書の写し【必須】
    現在の状況および必要な配慮に関する医師の見解について、できるだけ具体的に明記されている必要があります。
    大学入学共通テスト出願時に提出された診断書の写しでも可能です。
  3. 大学入学共通テスト「受験特別措置決定通知書」の写し ※大学入学共通テストを受験する方

その他、高等学校作成の高校内での配慮について記載の文書等をお持ちでしたらご提出ください(写し可)。
※必要に応じて、追加書類のご提出をお願いする場合があります。

2.受験上の配慮内容決定・受験の流れ

  1. 希望する試験の出願開始日までに申請書類を「簡易書留」にて提出してください。
  2. 書類到着後1週間以内に、申請内容の確認のために入試課よりお電話いたします。
    申請書の連絡先電話番号は日中つながりやすい電話番号をお書きください。
  3. 申請書類をもとに検討し、配慮内容を決定します。
  4. 配慮内容が決定次第、「受験特別措置決定通知書」を送付します。
    この書類の発行をもって、受験上の配慮を許可することになります。
  5. 学生募集要項を確認の上、所定の期間に出願手続を行ってください。
  6. 試験当日は、「受験特別措置決定通知書」を持参してください。

※受験または配慮申請を取り止める場合は、入試課まで必ずお電話にてご連絡ください。

3.申請書類送付先・お問い合わせ先

〒981-8558
仙台市青葉区小松島4-4-1
東北医科薬科大学 学務部入試課
TEL 022-234-4181(代)(土日祝除く 9:00~17:00)

※「受験上の配慮申請書在中」と朱書きし、「簡易書留」郵便にてお送りください。