お知らせ

医学部4年生の鈴木紅音さんが第129回日本血液学会東北地方会にて最優秀演題賞を受賞

第129回日本血液学会東北地方会最優秀演題賞
演題名「部分的自然寛解が得られたblastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm (BPDCN)の一例」
鈴木紅音(医学部医学科4年生)

%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%80%80%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%be%8c

2月23日(日)に仙台で開催された第129回日本血液学会東北地方会にて、鈴木紅音さん(医学部医学科4年生)が最優秀演題賞を受賞しました。本賞は全参加者による投票で決められました。学生による発表が鈴木さんただ一人のなかでの快挙です。なおこの演題は、医学部4年次授業科目「血液・リウマチ科」の臨床実習において、亀岡淳一教授指導の下で行われた研究成果をまとめたものです。

ページトップへ