【受  賞】

薬学部薬剤学教室6年生栗田真衣が宮城薬剤師学術フォーラムで学術大会会長賞を受賞

宮城薬剤師学術フォーラム2017学術大会会長賞
「インスリン投薬プロセスに関するFMEA(Failer Mode Effect Analysis)分析」
受賞者:栗田真衣
 
本賞は、平成29年11月26日に開催された宮城薬剤師学術フォーラム2017に発表された演題のうち優れた発表の筆頭発表者に授与されたものです。
 
関連するウェブサイト:http://www.mypha.or.jp/system/detail.php?id=2466

薬学部 天然物化学教室 山﨑寛之講師、分子認識学教室 菅原栄紀講師、薬理学教室 根本亙助手が平成29年度日本薬学会東北支部奨励賞を受賞

平成29年度日本薬学会東北支部奨励賞

 

「海洋生物由来protein tyrosine phosphatase 1B阻害剤に関する研究および培養法検討による新規糸状菌二次代謝産物の誘導生産」
山﨑寛之 (薬学部 天然物化学教室 講師)

 

「ナマズ卵レクチンのがん治療への応用を目指した基礎研究」
菅原栄紀 (薬学部 分子認識学教室 講師)

 

「脊髄疼痛伝達機構におけるAngiotensin IIの役割に関する行動および分子薬理学的研究」
根本 亙 (薬学部 薬理学教室 助手)

 

本賞は東北支部に所属する日本薬学会会員のうち、基礎薬学および医療薬学に関連する優れた業績を挙げた45歳未満の研究者に授与されるものです。平成29年12月9日に開催される第39回東北薬学セミナー (仙台ガーデンパレス) において授賞式と受賞講演が行われます。

 

関連するウェブサイト:http://shibu.pharm.or.jp/tohoku/shoureiboshuu.html

薬学部 天然物化学教室 大学院生 八木瑛穂さんが第56回日本薬学会東北支部大会優秀ポスター賞を受賞

第56回日本薬学会東北支部大会 優秀ポスター賞

「植物内生糸状菌 Cladosporium sp. TMPU1621 株が生産する抗生物質に関する研究」

八木瑛穂 (薬学部 天然物化学教室 薬科学専攻博士課程後期1年生)

 

本賞は第56回日本薬学会東北支部大会に応募されたポスター発表の中から、研究内容・発表技術・発表資料を総合的に審査し、特に優秀と認められた学生発表者を対象に授与されるものです。
関連するウェブサイト:http://pharm-tohoku.kenkyuukai.jp/special/?id=17966

薬学部 薬理学教室 大学院生 佐久間若菜が第21回活性アミンに関するワークショップで若手研究者奨励賞を受賞

第21回活性アミンに関するワークショップ 若手研究者奨励賞
 
「卵巣摘出マウスのうつ様行動に対する新規選択的エストロゲン受容体モジュレーターBE360の効果」
佐久間 若菜 (薬学部 薬理学教室 薬学専攻博士課程1年生)

薬学部 細胞制御学教室 侯思聡さんが2016年度中国国家優秀私費留学生を受賞

 中国大使館主催の2016年度中国国家優秀私費留学生の授与式が4月14日中国大使館教育処で開催されました。
東京大学を始め、日本の大学の各研究分野に在学する中国留学生31人が受賞者として選出されました。その中に、2017年3月まで本学の細胞制御学教室に在籍していた侯思聡さん(大学院薬科学専攻博士課程(後期課程))が受賞されました。
 中国駐日大使程永華から賞状と賞金が授与されました。また、大使館からは顧教授に感謝状が送られました。

 

薬学部 薬理学教室 大学院生 小野涼太郎が第26回神経行動薬理若手研究者の集いで優秀発表賞を受賞

第26回神経行動薬理若手研究者の集い 優秀発表賞
「嗅球摘出マウスのうつ様行動に対するAngiotensin変換酵素阻害薬Captoprilの効果」
小野 涼太郎 (薬学部 薬理学教室 薬科学専攻博士課程前期1年生)

平成28年度生命薬科学科卒業研究優秀発表賞受賞者決定について

 例年、2月に開催している薬学部生命薬科学科4年次による卒業研究発表会において、優秀な研究発表を行った学生に対し、優秀発表賞を授与いたしております。
 今年度は平成29年2月15日に開催いたしました卒業研究発表会において、優秀な研究発表を行った下記2名に対し優秀発表賞を授与することが先の薬学部教授会において決定いたしました。両名には学長より賞状と記念品が贈られました。

 

                記

 

【生命科学コース】
  氏  名:田 中 初 芽(感染生体防御学教室)
  論文題名:「Fc領域融合パターン認識受容体を用いたAspergillus属真菌細胞壁ガラクトフラノース糖鎖の結合親和性の比較解析」

 

【創薬科学コース】
  氏  名:千 葉 聖 斗(薬理学教室)
  論文題名:「坐骨神経部分結紮マウスにおけるChondroitin Sulfateの抗アロディニア作用」

 



薬学部 病態生理学教室 社会人大学院生 大内竜介が「宮城薬剤師学術フォーラム2016」で「学術大会会長賞」を受賞

平成28年11月6日に開催された「宮城薬剤師学術フォーラム2016」にて、薬学部 病態生理学教室の大内竜介がポスター発表し、「学術大会会長賞」を受賞しました。
演題名「精神的ストレスと喘息発症 ~ストレスによる糖質コルチコイド分泌と免疫寛容の抑制~」
大内竜介(薬学部 病態生理学教室 社会人大学院生・薬学研究科薬学専攻博士課程2年)他
 
宮城薬剤師学術フォーラム2016「学術大会会長賞」大内竜介

薬学部大学院生 加藤慎と豊島かおるが 第89回日本生化学会大会で若手優秀発表賞を受賞しました

toyosima
第89回日本生化学会大会 若手優秀発表賞

 

「ヒトがん細胞ピルビン酸キナーゼ (PKM2) のレドックス制御機構の解析」
加藤 慎 (微生物学教室 薬学部 薬科学専攻博士課程前期2年生)

 
 

関連するウェブサイト:
http://www.aeplan.co.jp/jbs2016/pdf/youngaward2016.pdf

 
 

toyosima

「スフィンゴミエリンは胸腺における自己反応性T細胞の除去に関与するか?」
豊島かおる (機能病態分子学教室 薬学部 薬科学専攻博士課程後期1年生)

 
 
 
 
 

薬学部 薬理学教室6年生 佐久間若菜が生体機能と創薬シンポジウム2016でポスター優秀発表賞を受賞

sakuma
生体機能と創薬シンポジウム2016 ポスター優秀発表賞
「更年期障害モデルのうつ状態に対する新規選択的エストロゲン受容体モジュレーターBE360の効果」
佐久間 若菜 (薬学部 薬理学教室6年生)

 
 

▲ ページTOPへ