医学部 研究室案内

LABORATORIES, FACULTY OF MEDICINE

臨床系

内科学第一(循環器内科)DIVISION OF CARDIOLOGY

小丸 達也 教授

STAFF

小丸 達也 教授

業績

熊谷 浩司 准教授

業績

中野 陽夫 講師
山家 実 講師
亀山 剛義 講師

業績

福井 重文 講師

業績

関口 祐子 助教
住吉 剛忠 助教
菊田 寿 助教
長谷川 薫 助教

研究テーマ

❶冠動脈疾患の診断と治療

❷不整脈のカテーテル治療法の開発

❸肺高血圧症の診断と治療

研究概要

(1)急性冠症候群は単一疾患としては世界の死因の第一位を占める重要疾患です。その原因は動脈硬化であり、長い潜伏期ののち突然に発症し、時に命を奪う病気です。急性冠症候群を引き起こす不安定プラークの同定は、冠動脈イベントを減らす上で大変重要であり、かねてから循環器病学の分野において一大テーマとなっています。当教室では血管内イメージングを用いて、プラークの不安定性について研究をしています。また、冠動脈疾患に対するカテーテルインターベンション後の望ましい抗血栓療法を探る全国研究にも参加しています。
(2)不整脈は突然死や脳梗塞、心不全の原因となる重要な疾患ですが、薬物療法が必ずしも予後を良くしないことから、最近は心房細動や心室頻拍などの不整脈に対して積極的にカテーテル治療が行われるようになっています。しかしいまだにその治療法は進歩の途上にあり、さまざまな方法が世界的にも試みられています。当教室では豊富なカテーテルアブレーション実施数を誇っており、より効果の高いアブレーション法の開発を行っています。
(3)肺高血圧症は診断が困難な疾患の一つで、早期診断と早期治療が予後を左右することが知られています。当教室では様々な原因疾患による肺高血圧症を積極的に診断し、薬物療法とカテーテル治療、リハビリテーションをくみあわせて、より効果の高い治療法の開発に取り組んでいます。
(4)我が国では、急激に進行する高齢化とともに心不全患者数が著しく増えています。当教室では来たるべき心不全パンデミックに備えて、重症心不全に対するデバイス治療を含めた集約的治療を行うとともに、新しい薬剤の反応性を検討し、より良い心不全治療の開発に務めています。

主な担当科目

循環器学(内科・外科)

2年次後期 / 必修 / 3単位

ねらい

循環器系の構造と機能を理解し、主な循環器疾患の病因、病態生理、症候、診断と治療を学ぶ。

Message

本授業では循環器系の正常構造と機能を理解し、主な循環器疾患の病因、病態生理、症候、検査の方法・適応・解釈、診断と治療を学びます。
特に循環器疾患の診断に直接役立つ身体所見の取り方と、その臨床的な意味の習得、そして診断に特に重要な心電図、心エコー検査、心臓カテーテル検査等の結果を理解し説明できることを目指します。
循環器に関連する数多くの疾患群(心不全、虚血性心疾患、不整脈、心臓弁膜症、心筋・心膜疾患、先天性心疾患、動脈疾患、静脈・リンパ管疾患、高血圧症)について、疫学、診断、合併症、予後等を理解し、その治療を概説できることを目標とし、多岐にわたる学習内容となります。教科書・参考書に基づいて、充分な時間をかけて予習・復習を行い、必要な知識の習得を目指してください。

早期医療体験学習

1年次前期 / 必修 / 1単位

チーム医療体験学習

1年次後期 / 必修 / 1単位

僻地・被災地医療体験学習Ⅰ

2年次前期 / 必修 / 0.5単位

介護・在宅医療体験学習

2年次後期 / 必修 / 1単位

僻地・被災地体験学習Ⅱ

3年次前期 / 必修 / 0.5単位

症候学

4年次前期 / 必修 / 3単位

基本的診療技能

4年次前期 / 必修 / 2単位

基礎-臨床 統合演習

4年次前期 / 必修

課題研究

3年次前期・後期 / 必修 / 4単位

診療科臨床実習

4年次後期~5年次後期 / 必修 / 64単位