薬学部 研究室案内

LABORATORIES, FACULTY OF PHARMACEUTICAL SCIENCES

センター

実験動物センターLABORATORY ANIMAL CENTER

川村 俊介 教授

STAFF

川村 俊介 教授
小島 修樹 係長

研究テーマ

実験動物施設内微生物環境に対する管理・モニタリング等についての新規対応策の検討

研究概要

「動物の愛護および管理に関する法律」および、これに伴う「実験動物の飼養および保管ならびに苦痛軽減に関する基準(環境省告示)」、「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針(文科省告示)」、「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン(日本学術会議ガイドライン)」に準拠した適正な実験動物の飼養管理、および適正な動物実験環境を提供することにより、実験動物の愛護と適正かつ倫理的動物実験の実施を基本理念とし、本学における医学・薬学の教育・研究を支援することが実験動物センターの使命です。
実験動物施設(JGLP:Japanese Good Laboratory Practice 準拠施設)内の業務では、以下のことを行っています。

❶適正な実験動物飼養環境を維持し、医学・薬学の教育および研究を支援すること。

❷動物実験の倫理、法規制等を含む動物実験実施上で重要な事項についての教育訓練、ならびに実務者講習を定期的に実施すること。

❸倫理的な動物実験実施のための動物実験実技講習を実施すること。

❹動物実験に関連する各種情報をホームページや学内便にて学内教員、研究者、大学院生および学部学生に提供すること。

❺各種動物実験技術の提供により学内研究を支援すること。

❻実験動物センターにおける研究に関しては、医学・薬学の生命科学系研究分野で多用されている遺伝子組換え動物およびゲノム編集動物等の施設内導入・飼育が今後さらに増加していくことが想定されるため、その支援体制の充実を目指して、外部導入動物の簡便で確実な方法および消毒を含むモニタリング法等の新規管理システムの研究開発を行い、安全かつ円滑な施設利用に基づいた研究の発展に寄与することについて検討を行っています。

主な担当科目

薬事関連法規I・Ⅱ

4年次前期・後期 / 必修 / 1単位

ねらい

わが国の医療の本質と現況を理解し、医薬業界に従事する者として、その責務を遂行するために必要とされる薬事関連法規・制度、医事関係法規の基礎的知識を習得する。また、それらを遵守する態度を身に付けることを目的とする。

Message

この科目は将来医薬業界の仕事に従事する者として、必ず身に付けなければなりません。事前準備として教科書・プリント内容を熟読して講義に臨み、講義終了後は、教科書・プリントおよび講義内容の復習を行ってください。薬事関連法規の知識の確認ならびに定着を図るため、配付プリントの問題を繰り返し解くことで知識を定着させてください。

薬事関連法規 生命

4年次前期 / 選択 / 1単位

ねらい

わが国の医療の本質と現況を理解し、創薬・バイオテクノロジー分野の研究者・技術者および医薬業界に従事する者として、その責務を遂行するために必要とされる薬事関連法規・制度、医事関連法規の基礎的知識を習得する。

Message

この科目内容は将来、創薬・バイオテクノロジー分野の研究者・技術者および医薬業界の仕事に従事する者として、必ず身に付けなければならないものです。事前準備として教科書・プリントを熟読して講義に臨み、講義終了後は、教科書・プリントおよび講義内容の復習を行ってください。薬事関連法規の知識の確認ならびに定着を図るため、配付プリントの問題を繰り返し解くことで知識を定着させてください。