薬学部 研究室案内

LABORATORIES, FACULTY OF PHARMACEUTICAL SCIENCES

環境衛生学系

感染生体防御学INFECTIOUS ORGANISM DEFENSE

柴田 信之 教授

STAFF

柴田 信之 教授

業績

佐々木 雅人 准教授

業績

田中 大 助教

業績

伊藤 文恵 助手

業績

研究テーマ

病原性真菌類の感染症発症に関与する因子の解析および生体側の感染防御機構の解明

研究概要

真菌(カビ、酵母、きのこ)は地球上の至る所に存在し、我々の生活環境にも存在する身近な存在です。地球環境においては動植物の死骸を分解する分解者としての役目を果たしているほか、味噌や醤油といった発酵食品の生産などにも役立っています。
一方、カンジダ、アスペルギルス、クリプトコッカス、マラセチア、白癬菌などは病原性を有し、時としてヒトに真菌症を引き起こします。近年、医療技術の発達に伴い、糖尿病、HIV感染、がん治療、臓器移植などにより易感染性患者が増加し、これらの真菌類による感染症は増加傾向にあります。加えて、真菌症としては世界で初めてパンデミックを引き起こしているカンジダ・アウリスや、北太平洋沿岸に発症地域が拡大しているクリプトコックス・ガッティなど、高病原性の真菌症の流行も懸念されています。
真菌類の細胞壁にはβ-グルカン、キチン、マンナン、ガラクトマンナン、糖タンパク質、糖脂質などが存在していますが、これらの微生物菌体表層成分は感染時の生体への接着・侵入、炎症反応誘導などに深く関与しています。一方、生体側では病原微生物を認識してこれらを排除するため、自然免疫系および獲得免疫系といった機構が備わっています。従って、真菌の菌体表層成分の理解を深めることは、真菌の感染成立機構の解明の一助となります。
当研究室では、主に細胞壁構成分子の構造や組成分析、細胞壁構成分子の合成酵素の遺伝的・機能的欠損による影響の解析、および生体側の感染防御因子との相互作用解析など、多角的な解析を通して真菌症の発症機構、診断、および治療薬開発へとつなげていくための研究を行っています。

主な担当科目

食品衛生学

2年次前期 / 必修 / 1単位

ねらい

栄養素は疾病の予防および回復に重要な役割を果たしている。しかし、この栄養素を含む食品は安全なものであるとは限らず、常に有害物質が混入するリスクがある。そのリスクとはどのようなものか、そのリスクを減らすためにはどのような注意が必要か理解することを目的としている。

Message

食品中の糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル等について、消化吸収されそれぞれが特定の機能を発揮することを学ぶので、生化学で学習した内容が基本になります。 細菌性食中毒については微生物学、植物性食品による食中毒では生薬学と関連させながら学びます。また、食品に含まれている可能性のある食品添加物や農薬、発がん物質、有害化学物質についても学ぶので、教科書はもちろんですが、その他の資料も主体的に調べて、国民の健康と福祉の向上に関わる薬剤師になることを意識して学んでください。

環境衛生学Ⅱ

3年次後期 / 必修 / 1単位

ねらい

薬学では疾病に関する治療法の知識は欠かせないが、疾病の発症要因にも目を向ける必要がある。疾病発症には、遺伝的要因と環境的要因が深く関わっている。本科目では環境的要因、特に生活環境について学習し、生活環境保全がどのように健康維持に寄与するのかを学ぶ。

Message

初めて聞く単語や用語が多いため、予習ではあらかじめ教科書を読み、単語の意味や用語について確認を行ってください。暗記中心の項目が少なくありませんが、深い理解が要求される項目もあります。 特に検査方法などは基礎化学や分析化学、機器分析学の知識が多く要求されます。これらの科目についての復習も行い、理解を深めてください。また授業後の復習は欠かさず行い、ノートや配布プリントの内容をまとめる、練習・演習問題を解くなど、記憶の定着に努めてください。