薬学部 研究室案内

LABORATORIES, FACULTY OF PHARMACEUTICAL SCIENCES

生命科学系

細胞制御学DIVISION OF REGULATORY GLYCOBIOLOGY

顧 建国 教授

STAFF

顧 建国 教授

業績

福田 友彦 准教授

業績

伊左治 知弥 講師

業績

研究テーマ

がん、神経炎症および感染などのさまざまな疾患における糖鎖の発現意義と機能制御の解明

研究概要

私たちは、糖鎖がタンパク質の機能・細胞の振る舞いにどのように関連するかを明らかにしています。
ポストゲノム研究により、タンパク質が機能を獲得するために翻訳後修飾が重要な働きをすることが分かってきました。実際にタンパク質の半数以上には糖鎖が付加され、最も多い翻訳後修飾の一つです。糖鎖は糖が数個から数百個連なった分子ですが、その構造はとても複雑で、さまざまな生物機能の発信源と考えられています。
これまで糖鎖の働きというと、タンパク質の働きを補助する、いわゆる脇役として認識されてきました。しかし近年、糖鎖合成の異常により起こる新しい疾患群(先天性糖鎖合成異常症; CDG: congenital disorders of glycosylation)について、100以上の数があると推定され、このように糖鎖が主役になるケースも増えています。また糖鎖の異常は、がんの転移・浸潤、感染、神経変性疾患、糖尿病といった生活習慣病などのさまざまな疾患に関わることも明らかにしてきました。
私たちは、がん化やがんの転移・浸潤、ウイルス感染、神経炎症などに注目して、疾患と関係の深い糖タンパク質の同定とその機能解析を行っています。そして糖鎖の働きが損なわれた時に現れる細胞レベルや個体レベルでの異常をヒトの病気に関連付ける、あるいは病気の時に作られる糖鎖を調べることで、糖鎖の異常によって発症する病気を見つけていこうと考えています。
最終的には、病気の糖鎖を健康な状態での正常な糖鎖に戻せるような化合物や手段を見つけて、それぞれの疾患に対する新たな糖鎖治療薬の開発を目指します。

主な担当科目

薬学英語III

3年次前期 / 必修 / 1単位

ねらい

英文学術論文の通読あるいは英文医学情報の調査・読解を通して、生命科学研究あるいは薬剤師業務に必要な応用的英語力の醸成を目的とする。

Message

薬学英語IIIは、いわば薬学英語のアドバンストコースです。単に英語を訳すだけではなく、書き手の意図を理解し、相手に適切に伝える能力が要求されます。あらゆるメディアを教科書とし、普段から積極的に英語に接して敏感に反応する姿勢を身に付けましょう。

生体分子化学

薬学科 3年次後期 / 選択必修 / それぞれ1単位

ねらい

多くの生命現象に関わる生体高分子の機能を理解するために、タンパク質・核酸・多糖・脂質の立体構造やそれらの相互作用に関する知識を習得することを目的とする。

Message

薬と体の反応を理解するのに生体高分子の構造を理解することは、非常に役立ちます。なぜならば、生体高分子の構造と機能は非常に相関しているからです。
1・2年生で学んできたことを基礎にしています。これまでに学習してきた生命現象と本授業の内容を結び付けるように心掛けてください。「なぜ体の中ではそのような反応が生じるのか」といった疑問が解けると思います。

分子生物学系実習

生命薬科学科 3年次前期 / 必修 / 1単位

ねらい

DNAの組み換え技術などの基本的な分子生物学の実験手技の習得と、遺伝子組み換え生物の使用等について規制するカルタヘナ法を理解することを目的とする。

Message

分子生物学分野の実験手技は薬学・薬科学領域の研究でとても大切です。「生化学Ⅰ~Ⅳ」、「遺伝子工学」など、教科書で学習してきた内容を自分たちで再現します。
実習はグループ単位で行います。実験の面白さだけでなく、クラスメートとの協力や討論など、将来実習内容が応用できるよう、しっかりと実験手技や考え方を身に付けることを心掛けましょう。