STUDENTS
INTERVIEW

Sato Rio

薬学科6年

佐藤 里緒 さん Sato Rio

宮城第一高等学校出身
内定先:日本調剤株式会社

現場の体験で明確になった、
私の進むべき道。
先生や友人の支え、
手厚い就職サポートによって、
念願の調剤薬局に。

Q1 東北医科薬科大学の薬学部を
志望した理由は?

地域に根ざした歴史と、
講義や国家試験対策が
決め手に。

高校の授業で薬局を見学したり、薬剤師の方にお話を伺ったりしているうちに薬のプロとしての役割に魅力を感じ、薬剤師への道を志しました。進学にあたって、いくつかの大学を調べましたが、その中でも長い間地域に根ざし、講義や国家試験対策が充実していたことから、東北医科薬科大学を志望しました。

Q2 大学の雰囲気や学生生活について教えてください。

周囲の友人と助け合いながら、絆を深められる。

東北医科薬科大学の学生は目的意識が高く、まじめな人が多い印象です。はじめは「こんなに勉強するのか」と驚きましたが(笑)、わからないことは皆で教え合っています。また時間を見つけては、所属サークルでの活動や食事会を楽しんでいます。

Q3 就職活動はいかがでしたか?

充実したサポートの数々で、
安心して就活できた。
決め手に。

就職活動を始めた頃は「早く決めなきゃ」と焦っていたのですが、研究室の先生が親身に相談に乗ってくださったこともあり、自分のペースで進めることができました。おかげさまで志望していた調剤薬局から内定をいただくことができました。本学には「業界説明会」や「面接試験対策」、「マナー講座」など、さまざまな就職支援プログラムが用意されており、安心して就職活動に臨むことができました。化粧品メーカーの方による「就活メイク体験セミナー」も役立ちました!

Q4 インターンシップに参加した感想は?

現場で体感した、薬剤師のやりがい。

4年次の春に、調剤薬局のインターンシップに参加しました。その調剤薬局には本学の卒業生が勤務しており、仕事はもちろん、就職活動や勉強についても相談でき、とても心強かったです。実際の現場では患者さんが薬以外でもご自身の生活のことまで話してくださいました。それがとても嬉しくて仕事のやりがいを感じ、一人ひとりと長く付き合える調剤薬局に勤務したいという想いを強くしました。

Q5 将来は、どのような薬剤師になりたいですか?

患者さんの心に寄り添える
薬剤師を目指して。

処方箋がなくても、患者さんが食事や生活のことを気軽に相談してくれるような薬剤師になりたいです。また、より効果的にアドバイスができる薬剤師になるため、認定薬剤師の資格取得を目指して、これからも勉強を続けたいと考えています。

Q6 東北医科薬科大学への
入学を考えている高校生に一言!

目標に向けて
成長できる環境が、
ここにはある。

国家試験対策も充実していますし、教職員の方々も丁寧にサポートしてくれるので、医療系の仕事に就きたいと考えている人にはとてもいい大学です。勉強が大変なときもありますが、メリハリをつけて学校生活を送ることで、人として大きく成長することができます!